Pocket

桑名正博の息子名乗りの男、乃羅の半生は本当か?タトゥーがやばい!

桑名正博の息子乃羅氏とは?

                                                                        出典 matome.naver.jp

全国各地で「桑名正博の息子」を語り、食事をおごってもらったり宿泊させてもらったり、ラジオ出演までしている「桑名乃羅」という男性が話題になっています。

以外と顔が似ているという事もあり、信用してしまった人も多かったようです( ̄^ ̄)

私は桑名正博さんを知っている世代ではないですが、結構似ているようですね。

テレビで偽物説が流れてから全国で目撃の電話が鳴り止まないくらいの反響だったようです(笑)

その後、長男を名乗る男の場所を突き止め取材をしたようです。

すごいでね〜!見つけるのもすごいですが、取材を受けるのもすごいです(笑)

その取材の中で「乃羅氏」の半生について語っていました。

その半生は本当なのか?また、腕にまで入っているタトゥーについてご紹介します( ̄^ ̄)

Sponsored Link

桑名正博の息子名乗りの男、乃羅の半生は本当か?

桑名正博さんの息子を名乗る男が非常に話題になっていますね〜( ̄^ ̄)

取材した番組「グッディ!」では長男の美勇士さんまで出演していました。

そしてグッディ!は桑名さんの息子を名乗る「乃羅氏」に取材し半生を語っていました。

ちなみに「乃羅」というのは本名ではなく、野良犬や野良猫からとって自分で「乃羅」と名乗っているそうです(笑)

その彼の語った半生は、

  • 1976年、千葉・習志野市に生まれる。母親はホステスで現在は他界。小学6年性の時に児童養護施設に預けられる。
  • 10代、原宿でショップ店員として働くなど中学卒業後食を転々。
  • 20代、CMのエキストラ・劇団員・ミュージシャンなどしていた。
  • 30代、歌舞伎町でホストクラブのオーナー→その後経営に失敗し閉店。
  • 2014年頃〜去年、大阪へ引っ越し→住んでいた大家の紹介した遺品整理業者やリサイクル店で働く。
  • 去年2月、沖縄へ移住→4月に日本1周を始める

だそうです。

あくまでも本人が語っているので本当かどうかは不明です( ;∀;)

しかし、大阪に住んでいたマンションの家賃を滞納しまま引っ越すなどトラブルを起こしています。

乃羅氏は振り込んだと話していますが、オーナーは振り込まれていないと話していました。

本人は100%桑名さんの息子だと発言しながら、曖昧なことばかり繰り返し話しているのでどこまで本当なのかは微妙なところですね( ̄^ ̄)

Sponsored Link

桑名正博の息子を名乗ったきっかけは?

乃羅氏が桑名さんの息子を名乗り始めたのは去年のからだそうです。

きっかけは、桑名さんの知り合いに「お前名前だしていいぞ」と言われたんだそうです。

また父親という確証はないけど、大阪の店で桑名さんの幼馴染で知っている人から、

「気持ち悪いよ・・・顔も声も似とって」

と言われてすごいありがたい部分と辛い部分が混同していたと話していました( ̄^ ̄)

幼馴染って誰でしょうね?

本人は心も体もボロボロだからもう話したくない、桑名さんお息子だと語ることはもうないと行っていましたが、100%桑名さんの息子だと言い切るならDNA鑑定でもしたら良いのにと思います(笑)

本当の息子の美勇士さんにも一緒にセッションしたことがあると言っていたそうですが、改めて本人に聞くとそんなことはないと撤回していました(笑)

確かに顔は美勇士さんより似ていますし、美勇士さんも似ていると認めていました。

しかし実の息子より似ている人っていますからね、モノマネ芸人とか。

乃羅氏のタトゥーがやばい!

乃羅氏の腕にはタトゥーがありましたが、個人情報の件もありモザイクで隠されていました。

しかし左腕にあるタトゥーのデザインが、

剣に巻き付く「竜」のデザイン

だったそうです。

取材した人が、なぜ竜のデザインにしたのか聞くと、

「パパも同じたつ年なので竜のデザインにした!」

と話していました。

しかし桑名さんの生まれ年を調べたところ、巳年だったことが判明しました!

それを乃羅氏に話すと黙ってしまったそうです(笑)

勘違いで入れてしまったのか、はたまた嘘だったのか不明ですがツッコミどころ満載ですね(笑)

まとめ

「桑名正博の息子名乗りの男、乃羅の半生は本当か?タトゥーがやばい!」はいかがでしたか?

乃羅氏はもう桑名名を名乗ることはないと話していますし、嘘の可能性は高そうですね(笑)

もし本当に桑名さんの息子ではなかったのならモノマネ芸人として活動してもらいたいですね(笑)