Pocket

大きいニキビが出来ると跡に残りやすくなってしまい、しばらくはずっと赤みとなって目立ってしまいますよね( ;∀;)

私はあまり顔にニキビができにくい肌質ではあるのですが、出来るとなかなか治りづらくてメイクで隠すのに苦労していました(*_*)しかも出来るところが鼻先の事が多く、恥ずかしいんですよね(笑)

気をつけてもニキビは出来てしまうものですが出来てしまった後の対処を間違えると、大変なことになってしまいますよ!

悪化させる前に綺麗に治してしまいましょう( ^ω^ )

ということで今回は「ニキビ跡の赤みの正しい治し方」の記事を書いていきます( ´∀`)

Sponsored Link

ニキビ跡の赤みの正しい治し方を伝授!

ニキビ跡の赤みの治し方についていろいろな方法がネットには溢れていると思いますが、

ニキビ跡の赤みはあまり無理にいじらない事が必要です!

1個のニキビでしたらいじらずに我慢できると思いますが、何個も出来てしまうと気になって何とかしたくなってしまいますよね。

ニキビ跡はあまりいじらない事が大切です。

しかしニキビには出来てから治るまでの過程があり、跡になってしまった赤みはあまりいじらない事が1番だと私は思います。

ニキビの治療は一つではありません。正しくニキビの事を知って早く治してしまいましょうね( ´∀`)

ニキビの治し方はそれぞれ過程ごとに変えていく

まずニキビが出来て治るまでの過程はご存知でしょうか?

ニキビの過程はざっくりと言いますと、

  1. 毛穴が角質で埋まり、皮脂の排泄が出来なくなる(面皰、めんぽう)
  2. 毛穴にアクネ菌が繁殖し、炎症する事で赤く膨れる(丘疹、きゅうしん)
  3. ニキビが潰れてクレーターや色素沈着として跡になる(瘢痕、はんこん)

もっと詳しく書くと凄く複雑なので分かりやすくしてみました!

このようにニキビができて治るまでに過程があるので、その時の症状に合わせて治療をしていく事が重要です( ´∀`)

ただずっとビフナイトを塗ればいいわけではありません(笑)有名なニキビ治療薬のビフナイトは炎症のニキビに効果的な薬ですね( ^ω^ )

他にもニキビが炎症をする前でしたら、ピーリングをして古い角質を排除する方法などもあります。このようにニキビがどの過程にいるかで治療は変えていきましょう!

過程が分かったところで問題の3番のニキビ跡についてなぜいじらないほうが詳しくご説明します!

ニキビ跡はなぜいじらないほうがいいのか?

ニキビ跡=傷跡と同じ

ニキビは別名「尋常性挫傷」という名前のついた皮膚の疾患です。

ニキビ跡は2種類あり、「クレーター」と「赤み(色素沈着)」になります。

ニキビ跡は怪我をした傷跡と一緒になります。気になるからとつい、いじってしまうとますます悪化して消えない跡になってしまいますよ(`・ω・´)!

そこまで悪化すると自然には治らなくなります。美容医療の力が必要になってしまいますので絶対に無理にいじらないでくださいね(*_*)

腕ならまだしも顔に傷跡なんて凄く嫌ですよね( ;∀;)早く治したいと思いますが自然に薄くなるのを待つしかないのです・・・( ´Д`)y━・~~

でも綺麗になるまで待てない!少しでも早く治したい!という方、気休めかもしれませんが、早めに治す方法と注意していただきたい事もありますのでご案内します( ´∀`)

Sponsored Link

ニキビ跡の赤みを少しでも早く無くす方法

早く治すには体の中からと外からのケアが必要

早く赤みを治す方法ですが、体の中からと外からのケアがオススメです( ^ω^ )

  • 体の中からのケアは、ビタミンCのサプリメントを取り規則正しい生活をする。
  • 体の外のからケアは、美白化粧水やビタミンCのイオン導入をする。

沈着してしまった跡を早く薄くするには、色素を漂白する必要があります。

ニキビ跡は体の中と外からのケアが必要です。

また、肌のターンオーバーを早めて薄くする必要があるので、これからのニキビを作らないためにも規則正しい生活を心がけましょう(^^)

でも、かなり悪化させた炎症後色素沈着はなかなか治すのに根気がいります(*_*)

私も1年以上残った跡もありました・・・。早く治す方法も気休めくらいにしかならないと思います(>_<)でもどうしても気になるのであれば試す価値はありますよ!

出来てしまった跡に対して特に気をつける事

なかなか治すのに根気のいるニキビ跡の赤みですが、いじらない以外に特に気をつけていただきたい事があります!

それは、紫外線に当たらないように気をつける事です!

ニキビ跡に紫外線が当たる事で、シミのようにずっと残ってしまう可能性があります( ;∀;)

お客様の中でも、ニキビ跡が何年も消えないと悩んでいる方がとても多かったです(*_*)

年齢を重ねる事で肌のターンオーバーが遅れてニキビ跡も消えずに残りやすくなってしまいます。

肌に残る状態が長ければ長いほど紫外線に当たりやすくなってしまいますので常に日焼け対策はしっかりしておいてくださいね!

まとめ

ニキビ跡の赤みの正しい治し方をまとめますと・・・

  • ニキビ跡の赤みは傷跡と一緒なので無理にいじらない事。
  • 早く治す方法は体の中と外からのケアが有効だが、状態によっては治るまでにはかなり時間がかかる。
  • ニキビ跡は紫外線に当たらないように気をつける事。

以上になります( ^ω^ )

炎症したニキビが跡になってしまうと消えるまでに本当に長い時間がかかってしまいます( ;∀;)

特に頬に出来た色素沈着は綺麗に無くなるのにかなり時間がかかるような気がします。

しかも頬に残っているとシミっぽく見られてしまうので余計気になってしまいますよね(*_*)

1番の予防は作らせない肌作りと悪化させない事なので、まずは規則正しい生活とスキンケアを心掛けていきましょうね(`・ω・´)

Sponsored Link